我的後漢書

>>> 後漢列伝 --鄧禹伝--



鄧禹字仲華,南陽新野人也.年十三,能誦詩,受業長安.時光武亦游學京師,禹年雖幼,而見光武知非常人,遂相親附.數年歸家.

鄧禹字は仲華、南陽新野の人なり。年十三にして、能く詩を誦へ、長安に業を受く。時に光武も亦京師に游學し、禹年幼しと雖も、光武に見えて常人に非ざるを知らしめ、遂に相親しみ附く。數年にして家に歸す。

鄧禹は字を仲華といい、南陽郡新野県の人である。13歳にして詩をそらんじることができ、長安にて学問の教えを受けた。当時光武帝もまた長安に遊学しており、鄧禹はまだ若かったが光武帝とまみえて、普通の人より優れていることを感じさせ、二人は互いに身近に接して慕いあった。数年経ち、〔鄧禹は〕帰郷した。


及漢兵起,更始立,豪桀多薦舉禹,禹不肯從.及聞光武安集河北,即杖策北渡,追及於鄴.光武見之甚歡,謂曰:「我得專封拜,生遠來,寧欲仕乎?」禹曰:「不願也.」光武曰:「即如是,何欲為?」禹曰:「但願明公威德加於四海,禹得効其尺寸,垂功名於竹帛耳.」光武笑,因留宿閒語.[一]禹進説曰:「更始雖都關西,今山東未安,赤眉、青犢之屬,動以萬數,三輔假號,往往群聚.更始既未有所挫,而不自聽斷,諸將皆庸人屈起,[二]志在財幣,爭用威力,朝夕自快而已,非有忠良明智,深慮遠圖,欲尊主安民者也.四方分崩離析,[三]形孰可見.明公雖建藩輔之功,猶恐無所成立.於今之計,莫如延攬英雄,務悅民心,立高祖之業,救萬民之命.以公而慮天下,不足定也.」光武大悅,因令左右號禹曰鄧將軍.常宿止於中,與定計議.

漢の兵起ちて、更始立つに及び、豪傑多く薦りに禹を舉るも、禹肯へて從はせず。光武河北を安集すと聞くに及び、即ち策を杖りて北に渡り、追ひて鄴に及ぶ。光武之を見て甚だ歡び、謂ひて曰く「我封拜を專らにすることを得、生遠くより来たりて、寧ち仕へることを欲するか」と。禹曰く「願はざるなり。」光武曰く「即ち是くのごとくんば、何を欲するか」と。禹曰く「但だ明公の威德の四海に加はることを願ひ、禹其の尺寸を効し、功名を竹帛に垂るることを得るのみ」と。光武笑ひ、因りて宿に留め閒語す。[一]禹進みて説きて曰く「更始關西に都すと雖も、今山東は未だ安んぜず、赤眉、青犢の屬は、萬數を以て動き、三輔は假號、往往に群聚す。更始既に未だ挫く所有らず、自ら聽斷せず、諸將は皆庸人が屈起し、[二]志は財幣に在り、威力を用いて爭ひ、朝夕自ら快き而已にて、忠良明智にして、深慮遠図有り、主を尊び民を安んぜんと欲する者に非ざるなり。四方は分崩離析し、[三]形は孰して見るべし。明公藩を建てて之を輔くるの功ありと雖も、猶ほ成立する所無きを恐るるがごとし。今の計にて、英雄を延攬し、務めて民を悅ばしめ、高祖の業を立て、萬民の命を救うに如くは莫し。公を以て天下を慮らば、定まるに足らざらんや」と。光武大いに悅び、因りて左右をして禹を號して鄧將軍と曰はしむ。常に宿めて中に止め、與に計議を定む。

漢の兵が挙兵して、更始帝が立った時、豪傑の多くはしばしば鄧禹上にいただこうとしたが、鄧禹は進んで従わせなかった。光武帝が河北の地を宣撫していると聞くと、〔鄧禹は〕直ちに馬にむち打って北へ渡り、鄴にて〔光武帝に〕追いついた。光武帝は鄧禹を見て大いに喜び、「私は領地を授けて諸侯に封じ、官位を与えて任命する権限を得たが、あなたが遠方より来られたのはなんと官職に就きたいからですか。」と尋ねると、鄧禹は「そうは願っていません。」と答えた。光武帝が「〔官職を〕欲しないならば、何を願うのですか。」と尋ねると、鄧禹は「ただ明公の威徳が広く四海に広く加わることだけを願い、私はその尺寸ほど〔の場所〕に、功名を青史に書き残せることだけを願うのです。」と答えた。光武帝は笑って、宿所に留めて雑談をした。[一]鄧禹は「更始帝は関西に都を置いておりますが、今山東は未だ平定されておらず、赤眉や青犢の類が、万を数えるほどおり、三輔では偽りの官位を号すものが、あちこちにおります。更始帝は依然としてそれらを打ち砕かず、自ら進んで意見を聞いて裁くことなく、〔更始帝に仕える〕諸将は皆凡人ばかりが連なって、[二]金銀を目当てにして、争い事を起こし、朝夕自分の為に動いているだけで、真心があって正直で、物事の道理を悟る明らかな知恵を持ち、深く遠い将来を考えて、主を尊んで民を安んじようと欲する者ではありません。〔今、国は〕四方に分裂しており、[三]物事の様子や成り行きをよく見るべきです。明公には漢室を扶けられた功がございますが、拠り所とする場所をお持ちでないことを心配していらっしゃいます。今この計を用いて、英雄を味方として引き入れ、民を悦ばし、高祖が行われた功業を立てて、万民の命を救うことに及ぶことはありません。。公が天下の事をお考えになれば、これが定まらないわけはありません。」と進言した。光武帝は大いに喜んで、左右の者に鄧禹を鄧将軍と呼ぶよう命じた。常に軍中に留め置いて、一緒にはかりごとを行った。

[一] 閒,私也.

[一] 閒は、私のことである。

[二] 屈音求勿反.

[二] 屈の音は求勿の反である。

[三] 論語曰:「邦分崩離析.」

[三] 論語にいう。「国が四方に分裂する。」


及王郎起兵,光武自薊至信都,使禹發奔命,得數千人,令自將之,別攻拔樂陽.[一]從至廣阿,[二]光武舍城樓上,披輿地圖,指示禹曰:「天下郡國如是,今始乃得其一.子前言以吾慮天下不足定,何也?」禹曰:「方今海内殽亂,人思明君,猶赤子之慕慈母.古之興者,在德薄厚,不以大小.」[三]光武悅.時任使諸將,多訪於禹,禹毎有所舉者,皆當其才,光武以為知人.使別將騎,與蓋延等擊銅馬於清陽.延等先至,戰不利,還保城,為賊所圍.禹遂進與戰,破之,生獲其大將.從光武追賊至(滿)[蒲]陽,連大克獲,北州略定.

王朗の兵起つに及び、光武薊より信都に至り、禹をして奔命を發して、數千人を得させ、自ら之を將ゐて、別に樂陽を攻拔せしむ。[一]從ひて廣阿に至り、[二]光武城樓の上に舍ひ、輿地圖を披き、指して禹に示して曰く「天下の郡國は是くのごとく、今始めて乃ち其の一を得。子前に吾天下を慮るを以てすれば定むに足らずと言へど、何ぞや?」と。禹曰く「方に今海内は殽亂し、人の明君を思ふや、猶ほ赤子の慈母を慕うふがごときなる。古への興るは、德の薄厚に在り、大小を以てせず。」と。[三]光武悅ぶ.諸將を任使する時は、多く禹に訪ひ、禹毎に舉る所有る者は、皆其の才當たりて、光武以て知人と為す。別に騎を將ゐて、蓋延等と銅馬を清陽に擊たしむ。延等先に至れども、戰ひに利あらず、還りて城を保てど、賊の圍む所と為る。禹遂に進み與して戰ひ、之を破り、其の大將を生けるままに獲。光武に從ひて賊を追ひ(滿)[蒲]陽に至り、連りに大いに克く獲、北州は略定さる。

王郎が兵を起こした時、光武帝は薊より信都へ兵を進め、鄧禹に別働隊を徴発して数千人を集め、〔鄧禹に〕自らこの兵を率いさせて、ほかに楽陽を攻め落とさせた。[一]光武帝に従って広阿に至り、[二]光武帝は城門上の物見やぐらで休み、地図を広げて、鄧禹に向かい「天下の郡国はこの通りであり、今そのうちの一つを得た。君は前に私が天下のことを心配すれば天下を〔わざわざ〕定めるには足らないと言ったが、なぜか。」と尋ねた。鄧禹は「今、天下は入り乱れて、人々が優れた君主を思い慕うのは、赤子が慈母を慕うようなものです。昔栄えた〔原因〕は、徳の薄厚にあって、〔領土や勢力の〕大小ではありません。」と答えた。[三]〔このため〕光武帝は悦んだ。諸将を任用する際は、鄧禹によく意見を求めて相談し、鄧禹がいつも推薦した者は、皆その能力はぴったり合っていたため、光武帝は〔鄧禹が〕よく人の賢愚・善悪を識別できる人物だと思った。〔光武帝は〕鄧禹に他に騎馬隊を率いさせて、蓋延らと清陽に於いて銅馬を討たせた。蓋延らは先に到着したが、戦況が不利になり、城に引き返して守ったが、賊軍に取り囲まれた。鄧禹はそのまま〔敵陣に〕進んで〔蓋延らを〕助けて戦い、これを破り、大将を捕虜とした。光武帝に従って蒲陽まで賊軍を追って、続けざまに〔賊軍を〕よく捕虜にすることができ、北方の州を平定した。

[一] 樂陽,縣名,屬常山郡.

[一] 楽陽は、県名で、常山郡に属する。

[二] 東觀記曰:「上率禹等擊王郎橫野將軍劉奉,大破之.上過禹營,禹進炙魚,上餐啗,勞勉吏士,威嚴甚厲.■皆竊言『劉公真天人也』.」

[二] 東観記にいう。「光武帝は鄧禹らを率いて王郎と横野将軍の劉奉を征伐し、大いにこれらを撃破した。光武帝が鄧禹の軍営を通りかかると、鄧禹はあぶった魚をだし、光武帝はこれを食べ、士卒をねぎらい、その威厳はとても厳粛であった。■皆こっそりと言った。『劉公は本当に優れた才能を持つ人だよ。』」

[三] 史記蘇秦説趙王曰:「堯無三夫之分,舜無咫尺之地,禹無百人之聚,湯、武之士不過三千,立為天子,誠得其道也.」

[三] 史記に蘇秦が趙王を説いていう。「堯には三人分の素質もなく、舜はささいな土地も持たず、禹は百人の軍勢も持たず、〔殷を開いた〕湯王や、〔周の〕武王の兵卒は三千人を越えることはなく、〔各々〕天子となったが、本当にその〔領土や勢力の大小ではなく徳の薄厚で天子になるという〕道理にかなっているのである。」


及赤眉西入關,更始使定國上公王匡、襄邑王成丹、抗威將軍劉均及諸將,分據河東、弘農以拒之.赤眉衆大集,王匡等莫能當.光武籌赤眉必破長安,欲乘[亹-亠]并關中,而方自事山東,未知所寄,以禹沈深有大度,故授以西討之略.乃拜為前將軍持節,中分麾下精兵二萬人,遣西入關,令自選偏裨以下可與倶者.於是以韓歆為軍師,李文、李春、程慮為祭酒,[一]馮愔為積弩將軍,樊崇為驍騎將軍,宗歆為車騎將軍,鄧尋為建威將軍,耿訢為赤眉將軍,左于為軍師將軍,引而西.

赤眉西のかた關に入るに及び、更始定國上公王匡、襄邑王成丹、抗威將軍劉均及び諸將をして、分けて河東、弘農に據りて以て之を拒ましむ。赤眉の衆大いに集ひ、王匡等能く當たること莫し。光武赤眉は必ず長安を破り、[亹-亠]に乘じて關中を并せんと欲すれば、方に山東を事はば、未だ寄る所を知らずと籌り、禹の沈深にして大度有るを以てして、故に西のかた之を討つの略を授く。乃ち拜けて前將軍と為し節を持たせ、麾下の精兵二萬人を中分し、西のかた關に入らしめ、自ら偏裨以下與に倶にすべき者を選ばしむ。是に於いて韓歆を以て軍師と為し、李文、李春、程慮を祭酒と為し、[一]馮愔を積弩將軍と為し、樊崇を驍騎將軍と為し、宗歆を車騎將軍と為し、鄧尋を建威將軍と為し、耿訢を赤眉將軍と為し、左于を軍師將軍と為し、引きて西す。

赤眉が西方の関に侵入した時、更始帝は定国上公の王匡、襄邑王の成丹、抗威将軍の劉均や〔他の〕諸将に、河東、弘農に立てこもって赤眉を防がせた。赤眉の兵は多数集まって、王匡らはこれを防ぐことが出来なかった。光武帝は赤眉が必ず長安を破り、[亹-亠]に乗じて関中を併呑するはずなので、(1)自分が山東を〔占拠して〕用いれば、〔赤眉は〕頼るべき場所を失うだろうと計算し、鄧禹が冷静で思慮深く度量が広いということから、西に赴いて赤眉を討つ任を〔鄧禹に〕授けた。〔光武帝は鄧禹を〕前将軍に任じて節を与え、麾下の精兵2万人を〔半分に〕分け与えて、西方の関に入らせ、副将以下その他従軍するのにふさわしい将は鄧禹に自ら選ばせた。〔鄧禹は〕韓歆を軍師に、李文・李春・程慮を祭酒に、[一]馮愔を積弩将軍に、樊崇を驍騎将軍に、宗歆を車騎将軍に、鄧尋を建威将軍に、耿訢を赤眉将軍に、左于を軍師将軍に任じて、〔諸将を〕率いて西へ向かった。

[一] 「慮」字或為「憲」字.

[一] 「慮」の字は一説に「憲」とする。


建武元年正月,禹自箕關將入河東,[一]河東都尉守關不開,禹攻十日,破之,獲輜重千餘乘.進圍安邑,數月未能下.更始大將軍樊參將數萬人,度大陽欲攻禹,[二]禹遣諸將逆擊於解南,大破之,斬參首.[三]於是王匡、成丹、劉均等合軍十餘萬,復共擊禹,禹軍不利,樊崇戰死.會日暮,戰罷,軍師韓歆及諸將見兵埶已摧,皆勸禹夜去,禹不聽.明日癸亥,匡等以六甲窮日不出,禹因得更理兵勒衆.明旦,匡悉軍出攻禹,禹令軍中無得妄動;既至營下,因傳發諸將鼓而並進,大破之.匡等皆棄軍亡走,禹率輕騎急追,獲劉均及河東太守楊寶、持節中郎將弭彊,皆斬之,收得節六,印綬五百,兵器不可勝數,遂定河東.承制拜李文為河東太守,悉更置屬縣令長以鎮撫之.是月,光武即位於鄗,使使者持節拜禹為大司徒.策曰:「制詔前將軍禹:深執忠孝,與朕謀謨帷幄,決勝千里.[四]孔子曰:『自吾有回,門人日親.』[五]斬將破軍,平定山西,功效尤著.百姓不親,五品不訓,汝作司徒,敬敷五教,五教在寬.[六]今遣奉車都尉授印綬,封為酇侯,食邑萬戸.敬之哉!」[七]禹時年二十四.

建武元年正月、禹箕關より將に河東に入らんとするも、[一]河東都尉關を守りて開かず、禹攻むること十日にして、之を破り、輜重千餘乘を獲る。進みて安邑を圍むも、數月にして未だ下す能はず。更始大將軍樊參數萬人を將ゐ、大陽を度りて禹を攻めんと欲するも、[二]禹諸將をして解南に逆擊せしめ、大いにこれを破り、參の首を斬る。[三]是に於いて王匡、成丹、劉均等は軍十餘萬を合はせて、復た共に禹を擊ち、禹の軍利あらず、樊崇戰死す。會日暮れて、戰罷み、軍師韓歆及び諸將は兵の埶ひの已に摧けるを見、皆禹に夜去らんことを勸むるも、禹聽かず。明日は癸亥にして、匡等は六甲の窮日なるを以て出でず、禹因りて更めて兵を理め衆を勒するを得たり。明旦、匡悉く軍出でて禹を攻め、禹軍中をして妄動すること得るを無からしむ。既に營下に至り、因りて傳發して諸將をして鼓して並進せしめ、大いに之を破る。匡等皆軍を棄てて亡走するも、禹輕騎を率ゐて急追し、劉均及び河東太守楊寶、持節中郎將弭彊を獲、皆之を斬り、節六、印綬五百を收得し、兵器數ふるに勝ふべからず、遂に河東を定む。承りて制し李文を拜けて河東太守と為し、悉く屬縣の令長を更置して以て之を鎮撫せしむ。是の月、光武鄗にて位に即き、使者をして節を持たしめて禹を拜けて大司徒と為す。策に曰く:「制して前將軍禹に詔す:深だ忠孝を執り、朕と帷幄に謀謨し、千里のかた勝を決す。[四]孔子曰く:『吾に回有るに自り、門人日に親し。』[五]將を斬りて軍を破り、山西を平定し、功效尤も著し。百姓親しまず、五品訓へざるに、汝司徒と作し、敬んで五教を敷き、五教に寬在らしめよ。[六]今奉車都尉をして印綬を授けしめ、封じて酇侯とし、食邑は萬戸と為す。之を敬すかな!」[七]禹時に年二十四なり。

建武元年正月、鄧禹は箕関から河東へ侵入しようとしたが、河東都尉は関を守って開かなかったので、鄧禹は十日間これを攻めて破り、輜重を1000余乗得た。更に安邑へ進んで包囲したが、数ヶ月経っても攻め落とすことが出来なかった。更始帝の大将軍樊参が数万の兵を率いて大陽を渡って鄧禹を攻めようとしたが、鄧禹は解南で諸将に反撃をさせ、これを破り、樊参を斬った。そこで王匡・成丹・劉均らは10余万の兵を合わせて、再び共に鄧禹を挟撃し、鄧禹の軍は不利になり、樊崇は戦死した。ちょうどそのとき日が暮れて、戦いは終わり、軍師の韓歆及び諸将は兵の勢いが既に打ち砕かれているのを見て、夜間に退却するよう鄧禹に勧めたが、鄧禹は聴きいれなかった。翌日は六甲の最後である癸亥の日で王匡らは兵を出さないだろうと考え、鄧禹はあらためて兵勢を立て直すことができた。(2)翌朝、王匡はことごとく軍を繰り出して鄧禹を攻めたが、鄧禹は兵に妄りに動かぬよう軍令を発した。既に敵は営下に迫っていたが、諸将に太鼓を鳴らして並進するよう命じ、これを破った。王匡らは皆軍を捨てて逃走したが、鄧禹は軽騎を率いて急追し、劉均及び河東太守の楊宝・持節中郎将の弭疆らを捕らえて斬り、節を6本、印綬を500、そして無数の兵器を得て遂に河東を平定した。李文を河東太守に任じ、属する県に令や長をあらためて置いて民衆を鎮撫した。この月、光武帝は鄗にて皇帝に即位し、使者に節を持たせて鄧禹を大司徒に任命した。〔その任命を記した〕詔書には次のようにある。「詔を下して前将軍の鄧禹に言う。〔汝は〕深く忠義と孝行を守って朕と共に帷幄に謀を巡らし、勝敗を千里の外に決した。孔子は『吾に回有るにより、門人日に親し。』と言っているが、将を斬って軍を破り、山西を平定するその功は、著しいものである。民衆は互いに親しまず、五品に欠けているため、汝を司徒に任じ、謹んで広く五教を布き、寛容をその要とせよ。今、奉車都尉を遣わして印綬を授け、鄼に封じて食邑万戸を与える。謹んでこれを受けよ。」鄧禹はこのとき24歳であった。

[一] 箕關在今王屋縣東.

[一] 箕関は今の王屋県の東にある。

[二] 大陽,縣,屬河東郡.前書音義曰:「大河之陽.」春秋:「秦伯伐晉,自茅津濟.」杜預云:「河東大陽縣也.」

[二] 大陽は、県で、河東郡に属する。前書音義にいう「大河の北側である。」春秋にいう「秦伯は晋を討伐し,茅津から渡河した。」杜預は言った「河東の大陽県である。」

[三] 解,縣,屬河東郡,故城在今蒲州桑泉縣東南也.

[三] 解は、県で、河東郡に属し、故城は今の蒲州桑泉県の東南にある。

[四] 高祖曰:「運策帷幄之中,決勝千里之外,吾不如子房.」

[四] 高祖は言った「陣中ではかりごとをめぐらし、遠くで勝利を決めることにおいては、私は子房に及ばない。」

[五] 史記曰,顏回年二十九,髮白,早死,孔子哭之慟,曰「自吾有回,門人益親」也.

[五] 史記にいう、顔回は二十九歳で、髪は白く、早世し、孔子慟哭して、言った「私には顔回がいたので、門人たちはますます心に隔てがなかった」

[六] 五品,五常也:父義,母慈,兄友,弟恭,子孝.言五常之教務在寬也.

[六] 五品とは、五常のことである。:父の義、母の慈み、兄の助け合い、弟の慎み深さ、子の孝である。五常の教務は寛にあるという。

[七] 酇,縣,(今)屬南陽郡,故城在[今]襄州穀城縣東北.

[七] 酇は、県で、(今の)南陽郡に属し、故城は[今の]襄州穀城県の東北にある。


(続く)


自注(1):[亹-亠]の字義が不明。

(2):「六甲窮日」とは癸亥の日を指し、縁起の良いとされた翌日の甲子に備えて事を起こさないことが良いとされた。


漢籍完訳プロジェクトIMAGINE
このコンテンツはIMAGINE計画に参加協賛しています。
最新のIMAGINE同盟規約はhttp://mujin.parfait.ne.jp/treaty.htmlに掲載されています。

【著作権者】スケアクロウ

Ads by TOK2