四安の4日間は夢のようなワールドメイトの御神業でした。
 黄帝稜から見た美しい夕日。その向こうにある印台山。楊貴妃と玄宗皇帝のロマンの地ー華清池、その帰りに連れていって頂いた文化と貿易の交流路、古人
の人々の夢と希望のシルクロードの出発点、そしてそこでの深見東州先生の素晴らしいコンサート。
 そして夜は秘鍵開示会、そこで最後のクライマックスに、今のニューヨークの10倍の大きさであった当時の長安にいって、遣唐使がなにを学んだかを魂の奥に刻み込まれました。
 

 西安から帰った次の日、奇跡は起こりました。し、仕事が決まったのです。
 しかも今までの給料の2倍!!仕事場の人達はすごく良い人達ばかり!
 仕事は外国関係のものなのです。西安から帰ったら世界に翔たく仕事につけた!と本人は思っているのです。
 神様から信じられないようなプレゼントを頂きました。

 

 私は最初、井草八幡宮には我が事を祈りに日参を始めました。でも先生のおっしゃった事を思い出して、ただ西安神業が素晴らしいものであるようにと祈り向かいました。

  大きな事から、まず祈り次に小さな事へと祈るんだよ。と教えられた通り祈りました。まさか自分が西安に参加できるなんて思ってもみなかったです。

 神様とは、人情もろくて面白くて粋な計らいが好きな人格である。そう聞いたことがあります。粋な計らいの好きな神様どうもありがいとうございました。
 深見先生もワールドメイトもありがとうございました。
 


  


Ads by TOK2