FRP1/1マスク「仮面ライダー」
1/2マスクの製作で「シリコン」、「FRP」、「アクリル樹脂」などの扱いが理解できたところでいよいよ1/1サイズの製作に取りかかる。製作過程は1/2とほぼ同様だが・・・サイズが大きいために時間がかかることは必至!その過程を追ってみたいと思う。
1.粘土原型
東急ハンズにて購入した直径20cmの球体スチロールに油粘土の付きをよくするために園芸紐をぐるぐるまきにする。その上ににたすら油粘土を張っていく。東急ハンズにて購入した「高級造形用油粘土」を7つ使用し右の第1次粘土原型が出来あがる。夏場の作業で粘土がやわらかくなり作業も楽であった。Cアイの大きさがなかなか決まらず・・・当初「旧1号」よりも「新1号」っぽくなってしまった・・・。クラッシャーは全体のバランスを取るためにあえて製作してみた。FRPで抜いたあとは切り取り、クラッシャーのみで再度原型を製作する予定である・・・・・・。
TOP
2.石膏取り
原型に割り金を刺していく・・・1/1ということで耳のラインに掛からないように3分割にした。その後シャンプーを水で薄めた液を原型全体に塗りたくる。後はひたすら石膏を塗り重ねていきます。大きいだけにパッパと塗らないとどんどん硬化してしまうので時間との戦いです。
魚みたいです・・・
かなりの重さです・・・
割り金を抜いてドライバーを
差し込むと以外に簡単に抜けました・・・
抜いた後も原型は壊れませんでした・・・
2.裏面塗装
裏面の気泡を油粘土で穴埋めし、FRP抜きのために塗装をしました・・・。これでスムーズに抜ければいいのですが・・・・。更にリンレイの床ワックスを塗ります。
3.FRP型取り
正面のモールドは凹凸が顕著なために少し厚くしました。両サイドのモールドはグラスを一層にし薄めにしました。実験的に皮膜としてラッカー塗装したわけですが・・・・型抜きは「ぱかっ!」という感じでスムーズでした。・・・がラッカーの皮膜がFRPに付着してしまいました。はやりちゃんとした離型剤を使用したほうが良さそうです。
4.FRP原型
クラッシャーはここで切り捨てました・・・・。その後3分割したパーツをFRPで張り合わせます・・・。あとはひたすらペーパーかけをして表面を均していきます・・・・。この作業が一苦労!
パテ(ソフト99)にて気泡を埋め、いびつな面を滑らかな面にしていきます。埋めてはペ−パー掻け・・・・の繰り返しです。その後Cアイ・のぞき穴を刳り抜きます。旧1号・・・ということで左右の大きさ・形を変え、少し大きめに刳りぬきました。サフを掛けてとりあえず原型完成!
5.Cアイ製作
Cアイ原型の内側に油粘土で複眼パターンを造ります。六角形の鉛筆を削ると丁度良い大きさになります。
タッパ−内に粘土を敷き詰めいよいよシリコン取りです。
一晩にて雌型完成!そしもう一晩
おいて雄型が完成・・・・!
空気穴をあけて・・・アクリル樹脂を流し込みます・・・・・・。
「松村化成」さんより入手したアクリル樹脂(3液タイプ)は硬化促進剤のおかげでカラッと仕上がります・・・まずまずの出来です。
裏にピンクのシートを張りつけ完成です・・・。
6.アンテナ作製
ラジオアンテナに自転車用ブレーキワイヤーを装着・・・、固定に3mmのボルトをつけました・・・・。アンテナ先端の突起はとりあえずカットしました。別のバージョンでは付けた物をと思います。
7.マスク塗装
パイロットランプも装着していよいよ塗装!
さんざん悩んだ結果・・・・タミヤラッカースプレーの「ガンメタル」を吹き付けました。調度色合いはレインボー造型「1/2旧1号マスク」と同じになり満足、満足・・・。クラッシャー前歯はハンズにて購入したラッカースプレー「オールドグリーン」にて着色。これまたどんぴしゃの色具合となりまたまた満足・・・・・・!!
8.パーツ装着
のぞき穴のスモークアクリル板、アンテナ、はビスで固定。Cアイは裏側からFRP(ゲル状)にて土手を作って固めちゃいました。Cアイが付くとどっしりと重たくなりました・・・・・。
9. クラッシャー製作
粘土原型をシリコン型取り・・・、ポリエステル樹脂・ファイバーグラスにて積層・・・でこぼこをパテにて修正してはい出来あがり・・・・!!
気泡をパテ埋めしてギザギザ歯の切込みを入れます。
塗装を施し完成!固定用のビスも取りつけました・・・・・・・。
10. 完 成!
クラッシャーはビスで固定・・・FRP製のためとりあえずは被れません。「プリンゲルPL40」(ラテックスのように型崩れしない樹脂)にて軟質クラッシャーも製作予定です。
              「仮面ライダー 旧1号」

製作日数・・・・・・・3ヶ月
製作費用・・・・・・・約30000円(樹脂・スプレー・各パーツetc)
新1号1/1MASKへ・・・・ジャンプ!
Ads by TOK2