の製作方法講座
PCによる
2008年7月より1年間かけて撮影した「STARWARS Ep7 TRAP OF THE SITH」の製作方法をご紹介いたします。


使用ソフト  ・Adobe Premiere6.5     ・Adobe Aftereffects    ・AdobeIllustrator9.0 
         ・LS Maker(フリーソフト)  ・AdobePhotshop


1. OPファンファーレ
SWのオープニングは・・・ご存じの20世紀FOX!これなくしてははじまりません。よって学校の校章をアレンジしてIllustratorで製作してみました。サーチライトは1コマづつずらして描いたものをPremiereに取りこんでアニメーションにしました。コマ数の関係で多少ぎこちなさは出ちゃいましたが・・・まあ雰囲気は出たのではないかと思います。
完成版はR2−D2をクリック →
続く製作会社ロゴはAftereffectsにて製作。ロゴをIllustratorにて描いたeffectsに取りこんで加工しました。
2. スペースシップの合成
デス・スター周辺に飛び交うタイ・ファイター、スターデストイヤーやXウィングの離着陸などスペースシップが画面を移動するシーンは全てブルーバックでの合成画像をPremiereで加工したものです。設定は単純に画像が左右上下・大小に移動変化に移動することで遠近感がでます。
A
B
C
D
E
F
H
@  Photshopにプロップ画像を取り込みバックをブルーに変換します。グリーン色でもいいのですが宇宙空間が黒なのでグリーンだとうまく合成できません・・    ・よってブルーの方がベタ   ーです。jpeg化したファイルをaffterefectsに取りこみます。
★ ブルーの布の前でプロップ撮影する場合は合成後の輪郭や細部をしっかり映し出す関係で1200pixぐらいに上げて撮影します。
G
A Premiereに合成する画像を取り込みタイムラインに並べます。シップを出現させたいポイントと速度を考慮して入れるします。 
B ファイル右クリック→ビデオオプション→モーションから動きの方向、速度の設定をします。タイファイターは速く、スターデストロイヤーはゆっくりと設定します。 
完成版はR2−D2をクリック →
Ads by TOK2