じゃんけんチャンピオンとよろしくゲーム 
概要名前を言い合いながらじゃんけんをして、勝った回数や合図によって席に座ります。
段階Aアイスブレーキング/名前を覚える分類PA
隊形一重円形態メンバー対メンバー
対象何人でも場所どこでも。みんなで円ができるだけの広さ。
時間
準備物 椅子、または座布団など、座席の目印になるもの。
・笛など、大きな音で合図できるもの。
やり方の手順
*やり方 その1「じやんけんチャンピオン」
●みんなで円になります(椅子または座布団に座った状態)。
●みんな立ち上がり、誰かとじゃんけんをします。じゃんけんをする前に、お互いに呼ばれたい名前を言います。
●新しい人にどんどん出会います。名前を言って、じゃんけんをくり返します。
●全部で3回勝ったら、どこでも好きな席に座ります。
●最後に誰か一人が残ったところで、おしまい。その人は、円の真ん中で自分の名前をみんなに伝えてください。
●たまに、じゃんけんに勝つことに夢中で、「お互いの名前を覚える」という目的を忘れる人がいますので、注意してください。

*やり方 その2
●その1と同じく、みんなで立ち上がり、名前を言ってじゃんけんをします。全部で3回勝ったら好きなところに座るのも同じです。
●違うところは、椅子(または座布団)を一つ減らすことです。そして、ゲームの途中でリーダーが笛を鳴らします(いつ鳴らすかは、リーダー次第)。笛が鳴ったら、3回勝っていなくても、空いている席に座ります。急に椅子取りゲームが入ってきます。
●誰か一人が真ん中に残ります。その人は、みんなの前で自分の名前(ちょっとした自己紹介を入れてもよい)を言ってください。
●これを何回戦かやります。
●たまに、席を取ることに夢中で、目的を忘れる人がいますので、注意してください。目的は、「お互いの名前を覚える」ことです。

*やり方 その3
●その2と同じルールです。
●ちがうのは、リーダーは笛を吹く代わりに、何かもの(当たってもいたくないようなもの、座布団とか、小さいぬいぐるみ、玉入れの玉など)を投げ入れることです。‘‘もの”が投げ入れられたら、3回勝っていなくても空いている席に座ります。笛とちがって、気づきにくいので、注意が必要です。しかし、やはり目的は、「名前を覚える」ことです。
●最後に残ってしまった人は、同じくみんなに名前を伝えてください。
●何回戦かくり返しましょう。

*やり方 その4 「よろしくゲーム」

●設定は、じゃんけんチャンピオンと同じです。一人だけ、真ん中に立っている状態。
●その人は、名前と、少し自己紹介をしてください。その中に、「よろしく」という言葉を入れてください。
●その「よろしく」という言葉が出たと同時に、みな一斉に席を替わらなくてはなりません。両隣はだめ。
.最後に残ってしまった人は、また自己紹介をします。「よろしく」という言葉を入れて。何回かくり返しましょう。
安全面
●席の取り方ですが、椅子取りゲームなどでおしりから突撃していくのではなく、安全のため、席取りは手でおこないます。
 先に席に手をついた方がその庸に座れることとし、あまり見苦しい戦いにならないように確認をしてください。
 目的は、「競争」ではなく、「みんなで楽しむ」そして、「名前を覚える」ことですから。
留意点


プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2