みんな鬼! 
概要みんなが鬼であり、逃げる人でもある鬼ごっこ
段階Aアイスブレーキング/鬼ごっこ分類PA
隊形自由隊形形態メンバー対メンバー
対象7、8人から。多いほうがおもしろい。 場所体育館、外。特に広い場所(運動場など)で行う場合は、境界線を決めてそこの中で行うようにしますそれもあまり広くない方がよい
時間
準備物 ・目をおおうもの。バンダナ、はちまきでも可。なければ、「目をつぶる」で代用します。
・鬼の目印になるもの。ハンカチでもゴムボールでもなんでもよい。
やり方の手順
●みんなが鬼で、みんなが逃げる人、の鬼ごっこ。また、「世界で一番はやく終わる鬼ごっこ」でもあります。
●ある程度散らばってみんなの用意ができたら「はじめ!」の合図でスタート! みなそれぞれ、誰でもいいからタッチをします。その一方で、誰からもタッチされないように逃げます。
●タッチをされてしまった人は、その場でストップしてしゃがみます。それ以降は、ゲームに参加できません。
●最後に一人残ったところで、このゲームはおしまい。
●さあ、みんなを休ませる間もなく、すぐに2回戦を始めましょう。「世界で一番はやく終わる鬼ごっこ」です!
安全面
●特に狭い場所で行うときは、必ず「はや歩き」または「歩き」で行います。
まるタッチされてしゃがんでいる時は、手など振り回さないようにします。まだゲームに参加している人が、その手に足をすくわれて、けがをすることがないようにします。
留意点
●タッチされた人がしゃがむのは同じですが、しゃがむときに片足立て膝で、手のひらを前にして片手を上に上げておきます。これが「助けて」の印です。まだ「生き残っている人」が、助けを求めている人の手をタッチしてあげると、タッチしてもらった人は、再びゲームに参加することができます。こうして、「世界で一番はやく終わる鬼ごっこ」は、「永遠に続く鬼ごっこ」へと変わります。

プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2