サムライ 
概要円の中央にある刀で、素早く相手をタッチします。
段階Bディインヒビタイザー/2人の鬼ごっこ分類PA
隊形一重円形態メンバー対メンバー
対象14、5人が適当場所みんなで円ができるだけの広さ
時間
準備物 ・フラフープなど、円の中心に目印としておけるもの。
・新聞紙を丸めたものなど、柔らかい棒状のもの。からだに当たってもさほどいたくないもの。プラスチック・バットなどは不適当。
やり方の手順
●みんなで円になります。円の真ん中にフラフープ、さらにフラフープの中に新聞紙を丸めたもの(など柔らかい棒状の物)を置きます。これがさむらいの「刀」です。
●「サムライ」を1人決め、その人は円の中に入ります。
●さあ、ゲーム開始。サムライは、刀を持ちます。その刀で、誰でもかまいません、誰かをタッチします。タッチをしたら、素早く刀をフラフープの中において、タッチした人の場所に行きます。
●タッチされた人(仮にAさん)は、これも素早く、サムライが置いた刀をつかみ、振り向きざまサムライにタッチ!もし、サムライがAさんのもといた場所に滑り込む前に、サムライにタッチすることができたら、Aさんは、やはり刀をフラフープの中に置いて、素早くもといた場所に戻ります。
●もし、逃げられてしまった場合は、新たな相手を見つけ、今度はAさんがサムライになります。
安全面
●夢中になると、柔らかくタッチしたつもりでも、やられた方にとってはきつい一撃になります。したがって、刀は「できるだけ柔らかいもの」がよい。新聞紙を丸めたもの(ぎゅうぎゅうに巻くとかなり痛いので、ある程度ゆるめに巻く)や、おもちゃやさんで売っているような、空気を入れて膨らませるもの(ビーチボールの細長いもの)など、いろいろ工夫ができます。
●安全上、タッチする部位は、原則として「ひざから下」とします。
留意点


プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2