納豆川渡り 
概要魔法のぞうきんをうまく使って、納豆の川を渡ります。
段階Dイニシアティブ/分類PA
隊形グループで形態メンバー協力
対象1グループ7、8人以上10人くらいまで。場所どこでも
時間
準備物雑巾人数分
やり方の手順
●A地点からB地点まで、みんなで渡っていきます。が、その間は納豆の川で、落ちると納豆でどろどろになってしまいます。そこを渡るために使える唯一の道具は、“魔法の雑巾”。魔法の雑巾の上に乗っていけば、沈むことなく進めます。ただし、この魔法の雑巾、人のからだから一瞬でも離れてしまうと、直ちに効力を失ってしまう、という欠点があります。常にからだに触れていなければなりません(例えば、ボンと下に置いただけでアウト)。さあ、魔法の雑巾を使って、全員無事にB地点までたどり着けるでしょうか。
安全面

留意点
●最初に渡す枚数は、人数分より2枚少ないくらいがちょうどよい。
●誰か失敗して納豆川におちてしまったら? その人だけが戻る、または全員が最初からやる。どちらにするかは、使える時間や目的との相談で決めてください。
●もちろん、雑巾でなくともかまいません。石やブロックを使ってもできます。

プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2