オール・アポード 
概要1m四方の板に何人乗れるか。
段階Dイニシアティブ/分類PA
隊形グループで形態メンバー協力
対象7、8人以上15人くらいまで場所どこでも
時間
準備物 1m四方の板。または、遠足用シート、体育用のマット(折って)、
 フラフープなど
やり方の手順
●この板に何人ぐらい乗ることができると思いますか?
 では、やってみてください。全員が5秒間のっていることができれば成功です。
安全面
●身体接触があるため、どの段階でやるかを考えて行います。
●跳び箱やポートボール台なども考えられますが、落下防止の点からも、高さがあまりないものがよいでしょう。どうしても使わなくてはならないときは、補助をしっかりとつけて行うことが必要です。
●肩車などが出てくることも考えられますが、年齢や体力等を考えて制限することが必要な場合もあります。そこの見極めは、リーダーの責任で行います。
留意点
●1m四方の板に、小学校6年生の子どもたちで、15人は普通に(立ったまま身を寄せ合って)乗りました。
●安全面から高さがあまりないはうがよいと書きましたが、逆に、シートのように全く高さがないものだと、やっている人が、自分の足がシートにのっているのか地面についているのかわかりづらくなる(密集していると、自分の足下が見えなくなる)ので、ある程度の段差があったほうが、よりおもしろくなると思います。

プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2