フープ・ダウン 
概要人差し指で支えたフラフープを指が離れないように下げていきます。
段階Dイニシアティブ/分類PA
隊形グループで形態メンバー協力
対象5人以上場所どこでも
時間
準備物フラフープ
やり方の手順
●グループで輪になります。片方の手を伸ばし、人差し指だけを出し、その上にフラフープをのせ、全員の人差し指だけで、フラフープを支えます。
●「いっせ−の、せっ」で、フラフープを床までおろしていきます。
●誰か一人でも指がフラフープから離れたら、もう一度やり直します。(離れた人は正直に言いましょう。)
●できたら、どうしたらうまくできるか相談して、予想時間をたててやってみましょう。
安全面

留意点
●簡単にできると思ったら大間違い。人数が増えれば増えるはど、グループの課題解決の力が必要になってきます。(人数が少ないほど簡単にできますが…)
●手が離れた人を責めることのないように注意をします。
●課題解決として、また協力するものとして非常に奥が深い活動です。特に、大人数になるほど、おもしろい活動です。

プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2