人間はしご 
概要棒をはしごにして、それを登ったり降りたりします。
段階Cトラスト/支え合い分類PA
隊形2列形態メンバー協力
対象10人以上。多いほうがおもしろい。場所どこでも
時間
準備物長さ1mくらいの鉄の棒(人数÷2)本
やり方の手順
●2列になり向かい合います。最初にやる人(Aさん)を決めます。
●1本の鉄の棒を、向かいの人と2人で同じ高さに持ちます。
●高さは、はじめは@肩の高さAおへその高さB腕を下にいっぱいに伸ばした高さ(だいたいももの高さ)の3通りから始めます。
●棒の持ち方は、必ず両手でしっかりと持つようにします。
●さあ、これで「人間はしご」のできあがりです。
   Aさん「準備はいいですか」
   みんなで「いいです」
   Aさん「いきます」
   みんなで「どうぞ」
 ゆっくりと1つずつ登っていきます。
●最初のはうで棒を持っていた人は、Aさんがわたり終えたあとは、一番最後に移動して、Aさんが下りるときの補助をします。
●はしごを渡っていきながらも、コミュニケーショソをとるようにします。「こわいから、高さを変えて」とか。
●はしごを渡っていくときに、頭の位置が腰よりも下がる渡り方はやめるようにしましょう。
 例えば、肩の高さの棒からももの高さの棒に移るときに、足から下りていくのはかまいませんが、腕から下りようとすると、どうしても頭が腰よりも下がります。そのような降り方はやめようということです。
安全面

留意点


プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2