柳に風 座つて 
概要トラスト・フォールで、今度はすべての場所に支える人がいる、というものです。周りの人は座ります。
段階Cトラスト/支え合い分類PA
隊形一重円形態メンバー協力
対象1グループ7、8人場所下が滑らないような場所
時間
準備物なし
やり方の手順
●7、8人ずつのグループに別れます。最初にやる人を決めます。
●最初にやる人(Aさん)が、トラスト・フォールの時のように手を組み、目をつぶってまっすぐに立ちます。
●残りの人は、Aさんを囲むようにして座ります。ひざは曲げ、お互いの問に隙間ができないように、できるだけくっつきます。みんなの足で、Aさんの足を固定します(なかば踏むような形)。うでは軽く曲げ、手のひらがAさんの腰からもものあたりに当たるようにして構えます。
●Aさん「準備はいいですか」
 みんなで「いいです」
 Aさん「前(好きな方向)から倒れます」
 みんなで「どうぞ」
●Aさんほからだをまっすぐにしたまま、自分で言ったほうに倒れます。Aさんの腰やももに手を当てて支え、もとのところにやさしく戻します。
●慣れてきたら、Aさんのからだが円の中をぐるぐる回るようにやってみましょう。
●Aさんは、自分でもういいと思ったら、おしまいにしてください。
安全面
●支え切れなかった時に、やはり逃げるのではなくて、自分のからだを下敷きにしてAさんを守ってください。
●Aさんのちょうど後ろに当たる場所に、リーダーまたはあいている人がいて、もし支えきれなかったときにすぐに補助できる用意をしておきます。
●腰に負担がかかるため、腰痛を持っている参加者がいるかどうか注意をする必要があります。
留意点


プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2