トラスト・ダイブ 
概要 2列になって人間ネットを作り、そこへ走ってきて飛び込む、という活動です。
段階Cトラスト/支え合い分類PA
隊形2列形態メンバー協力
対象1グループ10人以上場所下が滑らないような場所
時間
準備物なし
やり方の手順
人間ネットの作り方
●2列になり、お互いに向かい合います。
●両腕を、手のひらを上にして、ひじを曲げた状態で、前に出します。このとき、ジッパーのように、前の人と手が交互になるように出します。重ねる深さは、自分の指先が前の人のひじに届くくらいです。
●足はひざを軽く曲げ、前後に開きます。飛び込んでくる人(Aさん)がいる方と反対側の足を前に出します。これは、Aさんに対してからだを開いて立てること、万一、Aさんの勢いで押されて倒れそうになったときに、踏ん張りやすいという理由からです。
●隣の人とお互いに肩をぎゅっと寄せ合い、隙間ができないようにします。
●上半身は少し反らし気味にし、顔は全員Aさんのほうを向きます。

やり方:
●人間ネットを作ります。さらに、1人Aさんが来る方向と反対側に、Aさんと向かい合うようなかたちで1人立ちます。これは、一番最後にAさんの腕をとって支える役割をします。Aさんが飛び込んでくるはうの端の人は、ひざを少し深めに曲げ、Aさんが飛び込みやすいように体勢を低くして構えます。
●Aさんは少し離れたところから走ってきて、その勢いで、上にジャンプして、上からネットに落ちるように飛び込みます。走ってきた勢いのまま前につっこむと、ネットの人たちが将棋倒しになります。上に跳んで、上からネットに落ちます。
●Aさん「準備はいいですか」
 みんなで「いいです」
 Aさん「いきます」
 みんなで「どうぞ」
●無事ジャンプしてネットに落ちたら、ネットはAさんを、反対側まで送ってあげます。「わっしょい、わっしょい」
 あまり派手にやりすぎて落とすことがないように、十分気をつけましょう(実際に落としてしまったことがあります)。
●端まで行ったら、Aさんの補助のために立っている人が、まずAさんの手をとります。それがしっかり確保できたら、静かにAさんを足からおろします。
安全面

留意点


プロジェクトアドベンチャーマニュアルへレク実践編へホームページ

Ads by TOK2